夏!の日記の次は、「秋」なんて芸がない…ですが、涼しくなりました。
よかった!暑すぎると、全てが、どーでもよくなってしまいますからね。

さて、久しぶりにホームページなんぞ、すこ~しだけ触ってみました。
見てくださってる方、なかなか更新せずごめんなさい。
気がつけば、ホームページ作ってからもう3年半も経つんですね~。早い早い。
去年の今頃は、シャコンヌに挑んでいたんだった。
今年は…内緒にしておきます。

さてさて、秋バージョンといえば、やっぱりハロウィーン?
ハロウィーンってなんぞや?と調べてみました。ウィキペディアによると。

ハロウィーン (Halloween) は、カトリックの諸聖人の日(万聖節)の前晩(10月31日)に行われる、英語圏の伝統行事。諸聖人の日の旧称"All Hallows"のeve(前夜祭)であることから、Halloweenと呼ばれるようになった。

ケルト人の収穫感謝祭がカトリックに取り入れられたものとされている。ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていた。これらから身を守る為に仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。

家族の墓地にお参りし、そこで蝋燭をつけるという地方もある。墓地全体が、大きなランタンのように明々と輝く。日本のお盆の迎え火、送り火にも似ているかもしれない。

送り火なんですか…人間って同じようなこと思うんですね。
何にしろ、芸術の秋、読書の秋、収穫の秋、スポーツの秋、食欲の秋
…食欲だけの秋にならないよう・・・
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する