2月24日(土) 2:30 開演

ヨーロッパ紀行 vol.5 ~うたにのせて~
ボノンチーニ、シャルパンティエ、バッハなどのカンタータ、ミサ曲など。
歌3人とヴァイオリン2本、ヴィオラ・ダ・ガンバ、チェンバロで演奏致します。於:甲東ホール
よかったら是非いらして下さいね♪

詳細はこちらをご覧下さい。

http://www.geocities.jp/sugar_violin/20070224.html
スポンサーサイト
コメント

イシハラホールのコンサート予定を見つけて、こちらにたどり着きました。
ピアノとヴァイオリンだけのシンプルなソナタが好みです。
バロックヴァイオリンって、普通のヴァイオリンとどのように違うのでしょうか?

>にゃんこさん
書きこみありがとうございます。
にゃんこさんの知ってる普通のヴァイオリンのルーツであるものです。大きさ、素材は同じですが、中の作りが若干シンプル&華奢です。弦が生のガット弦を張ること、弓のしなり方が違う・・・などの細かい点もビミョ-に違います。それにより、もちろん音の感じも違いますよ。パワーより繊細さを求められた時代です。よかったらコンサートに来て下さいね♪お待ちしていまーすv-344
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する