旅するヴァイオリンvol.11


古楽集団「ら・ばんだ」
16世紀半ば、ヨーロッパの片隅で4本の弦を持つハンディな楽器が生まれました。
「ヴァイオリン」
40センチ足らずの4本の弦でいったい何ができるでしょう。2声のソナタ、四重奏、オペラのプリマのようなコンチェルトetc.
バロック期のヨーロッパの人々がどのような好奇心と情熱を持って、この楽器のレパートリーを開拓していったか。
ひと夜、時空を超えたタイムトラベルをお楽しみください。
2017年10月5日(木)開演19時
ホテルオークラ神戸 チャペルリバージュ
前売2500円(当日3000円)
コレッリ 合奏協奏曲
テレマン 4台のヴァイオリンのためのコンチェルト
ジェミニアーニ 合奏協奏曲フォリア
ほか
お問い合わせ、チケット予約は
sugar_violinアットマークyahoo.co.jp まで。
(アットマークを@に変えてお送りください。スパム対策です)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する