スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰国

報告が遅れましたが、ロンドン満喫して、無事帰国しました。
最終日は、レッスンもなかったため、観光していました。
ナショナルギャラリーに、大英博物館、ロンドンタワーブリッジ。
絵三昧、アート三昧でした。満足満足。
こういう本物!の物をただで見れてしまう、ロンドン。
やっぱり「芸術を大事にする」という考えがしっかりありますよね・・・。
日本ならこの中の物を、1個か2個持って来て、入場料¥1500とかいうんじゃないかな~なんて考えてしまいました。大袈裟かな~。

大英博物館での私のお気に入りは、これ。

London2008 031web

このコーナーに入った瞬間の空気が・・・なんかよかったです。
今度はギリシャに行ってみたくなりました。

そんなことを思いながら、ロンドンのタワーブリッジを通り・・・
London2008 045mail

美しかったです、とっても!!

とにかく満足な旅でした。
スポンサーサイト

Les Miserable

London2008 007


よかったです!
去年、ここへ来たときに、初めてミュージカルを見に行ったんですが、とっても楽しかったので、今回も!
前回は、オペラ座の怪人。
そして、今回は、レ・ミゼラブル。
英語の難易度も上がってしまいました。

でも、レ・ミゼラブル=「ああ無情」は、小学生の時、まだ持つのが重いくらいの太い本なのに&字が小さいのに、おもしろくて読み干したので、すごく覚えています。
ので、助かりました。とにかく感動ものでした。

平日のお昼間だというのに、ほぼ満席。いろんな年代の人が、本当に楽しんでいました。3時間もかかるのに。
この時間の流れの違いは何なんでしょう?
時間の使い方の違いは何なんでしょう?

いろんな演目を毎日あちこちの劇場でやっている。本場!って感じがしました。
滞在中に、あともうひとつ!明日はマンマ・ミーアの予定です。

英語の字幕

昨晩は、前回お世話になったホストファミリーのおうちに夕食によばれました。すごく楽しかったです。
で、食事の後、いろいろ話していて、この家の息子さん、すごくいろんなことをよく知ってる賢い人なんだけど、小津安二郎って映画監督の話になりました。
私は知らなかったんだけど…
見る?ってことになって、イギリス人家族とDVD鑑賞

日本映画を英語字幕で見ました!こんなん初めて。
英語の勉強によさそうでした。また、やってみよう~。

おもしろかったです。
日本人的には、ココ?っていうところで大爆笑したり、みんなのコメントが楽しかったです。
あと、少しだけ日本語講座と。。

とっても貴重な経験でした。
「文化の違い」と、「日本人のオリジナリティーって?」とか、「イギリス人から見た日本」とか、いろんなものを感じました。逆を考えると、きっと私たちがヨーロッパのものを見た(考えた)ときに、こういう解釈の仕方もしているんでしょうね。

あ~ん

ここでの生活は、午前中レッスン。
それから、先生宅でランチなんですけど、
先生のお子さんが一緒の時やお孫ちゃんが一緒の時もあります。
昨日の散歩は2歳半のお孫ちゃんとおててつないでお散歩。
今日はお孫ちゃんとランチ。

イスに座らせてもらってたんだけど、しばらくすると、今日は食べたくない様子。

「食べなさい」と言われると、寝たふりをする。それがまたかわいい~んだ。
困った先生夫妻、でも食べさせたい。

そこで、提案してみました。日本式を。

「あ~ん」です。
どうやら、イギリスには無い発想だったらしく、大ウケ!
喜んで、お孫ちゃん、食べました、食べました!
&先生が、Good Idea!と大喜び。

しかも、お孫ちゃんがなついてくれて嬉しかったです。

でも…2歳半の子が言う英語が分からず、落ち込みかけたら…
それは赤ちゃん語だったようです。

それにしても、2年半以上は、英語勉強してるよなぁ~私。
あと1週間、頑張ります。

美しい~。

London2008 017


レッスン後の散歩。だんだん恒例になってきて、脚力も強くなっているような…。
イギリス人って歩くのほんとに好きなんです。すぐ2時間とか歩くし。
夕焼けがほんとに美しかったです。

VIVALDI

20080217043551s.jpg


今ロンドンに来ています。おもしろいものを見つけました!
VIVALDIという名のじゃがいも!イタリア産まれではなかったです…。

思わず仲良し

Image2671.jpg


ゴールドのバッハシール!これは、アイゼナハのバッハハウスのお隣のお土産物やさんで見つけました。これは買い~!!っと思って、店員さんにいくら?と聞いた時のこと。
シールの裏に値段が書いてあるので、店員さんは、シールを裏をむけました。そこには、なんと!
「2DM」
と書いてあります。
「ん?マルク???」

店員さんもびっくり!
2人で笑ってしまいました。
まだ残っていたんですね、マルク時代のものが!
結局、最後のマルク表示のシールと、ユーロ表示のシールを買ってきました。

マルク表示のお陰で、店員さんと妙に仲良くなれました。

帰国しました

報告が遅くなりましたが、無事帰国しました。
しーーーーっかり充電!やっぱり海外旅行っていいですよね。
写真も出来たので少しずつアップしま~す♪

そしてケーテン

20070413035033

バッハにとって人生最良の時期だったケーテン。いったいどんな町なんだろう?とずーっと気になっていました。いつか行ってみたいと思っていたのですが、ついに行ってきました!
しかし、ガイドブックも無ければ、地図もない。とりあえず駅に着きましたが、地図も売ってないし英語も通じない。
う~ん。後は、自分の足が頼り♪ と、道にある地図を見て必死で覚え、栄えているらしい方向に歩きました。すると…。
MUSEUM/MUSIK/J.S.BACH/の三つの単語が!!
な、なんとバッハハウスに辿り着けました!
数々の自筆譜や自筆の手紙、楽器など楽しんできました。
受け付けには、バッハみたいなおじいさんが(商売用ではなく)いましたよ。

アイゼナハ

20070420190009.jpg


バッハの生まれ故郷アイゼナハに来ています。
2003年に演奏旅行で来たときに泊まったホテルがそのままあったり、記憶通りだったりしてちょっと感動♪
今回もゲオルグ教会の「触れば、バッハのSPRITが乗り移る」というバッハ像の足を触って来ました
今度バッハ弾くからネ♪
洗礼地参りが出来ました 

チョコレート!

20070409225323


ホストファミリーから「HAPPY EASTER!」ということでプレゼントを頂きました!ウサギか子羊かヒヨコが定番だそうです。コレけっこう大きいんですよ~。

イギリス人な一日

今日はイースター。今までに経験したことのない一日でした。どんな一日かと言うと…。

まず教会へ行き礼拝に参加。分からないなりに歌ったり読んだり。アレルヤ♪ヘンデルのオラトリオに出てくるメロディが賛美歌の中にありました!

礼拝後、教会の裏の細い細い階段を昇り、カリオンを体験させて(弾かせて?)貰えました。連れて行って下さった方が、その教会のオルガニストだったのです。私ってなんてラッキー♪

そして今度は教会の地下へ。ここでは地域の交流の場となっていて、ここへ行けば、一通り知り合いに会えるって感じ。

家に戻り、お庭でランチです。日本人的には有り得ないくらい紫外線を浴びましたが、とっても気持ちよかったです。日本に帰ったらお肌ケアしなくっちゃ。

そして今度は、車で少し遠い所にある広い広い公園へ行き、散歩。約2時間。

家に戻り、お庭でTea Time。ケーキと紅茶。文字通り、Afternoon Tea…午後の紅茶ってやつ?!しばらくお庭でくつろいだ後、またもやお庭で、今度は晩ご飯の準備です。食前酒を片手にお庭で、切ったり剥いたり。お料理をオーブンに入れてしまった後は、散歩の時に見つけた「木」について調べたり庭を綺麗にしたり…と土いじりと本とそしてワイン。

お料理が出来ましたら…この頃には、ずいぶん暗くなり寒くなってきましたので、家に入って晩ご飯にしました。今回はしませんでしたが、電気を消してロウソクにして晩ご飯を食べてみたり。

散歩してお茶してご飯を作って食べる、それだけのことなんだけど、なんて楽しみ上手なんでしょう♪「人生をいかに楽しく過ごすか」そしてこういう心の余裕は必要だなあと感じた一日でした。

そしてスーパーでは

20070406010801

イースターチョコがいっぱいです。うさぎかタマゴ、もしくはひよこ、というのが定番のようです。
イースタービスケット、イースターティーというのも見つけましたが...
マユツバもの?!

Have a Happy Easter!!

もうすぐ復活祭

20070406001707

今日はレッスンのない日ということで、先生に案内してもらい、一日観光客をしていました。
まずは15世紀に出来たというパブでビール&ランチ。
それから世界遺産の大聖堂を観光。大聖堂の中には、イースター前ということで、イースター用の飾り付けが準備中でした。この石で蓋をして、イースターの日に、もう一度開けたら、イエスさまが復活する…ということだそうです。手前のスペースには、花でいっぱいにするそうです。
毎週礼拝に行き、毎年こうした復活祭とクリスマス…生活にしっかりと根付いたものなんだと実感しました。

高所恐怖症?!

20070402060422

念願叶って、ROYAL ALBERT HALLで演奏会を聞けました!しかも古楽器でのマタイ!!演奏も素晴らしかったです!会場の雰囲気ももちろん良いですし…。お客さんもちゃんと曲を知っているし。
ただ…。

私の席は、座席のイッチバン上=最上階でした。

高すぎ!!!
いくらなんでも高すぎでしょう!!!

高所恐怖症の方は絶対無理です。演奏を聞いてられないでしょう。
だって、舞台照明より上から見たのって初めてです。&コーラスの人が楽譜をめくったら波立って見えました。おばちゃんかお姉さんかの判別はできません。(笑)

でも、そんな大変な思いをして、階段を昇って、足の悪いおじいちゃんとおばあちゃんが仲良く演奏会を楽しんでいる、そんなカップルがたくさんいました。
聞く所によると、今週はイースター前だから受難曲の演奏会が多いそうです。

ミュージカル♪

20070401052956


本場のミュージカルを観てきました!
「オペラ座の怪人」
すごくよかったです!
楽しかった!
魅せてくれました。
ステージっていいですよね。

私の席はバルコニーだったんだけど、オケピットがちらっと見えました。
今は、一観客として、開演を楽しみに待っている.....自分がピットに居る気分を思い出して、オケの人はこんなんだろうなぁ、と思うとなんだか不思議な気分でした。

そして開演。
ステージが盛り上がって、舞台上に見入っていたその時、音楽もドラムまで入って華やかにやっていたその時、ドラムでどうせ聞こえないような地味なリズムをチェロとビオラが刻んでいるのが見えて、思わず笑ってしまいました。
とても自然体で弾いてらっしゃいました。

いや~楽しかったです。
満足満足♪
シアターのあったピカデリーから2駅ほど歩いてウィンドゥショッピング。
あまりうろついていると、買い物スイッチがON!! になりそうだったので、帰途に着きました。
満足な一日でした。

満開!

20070331204313

こんなに咲きました!先日と同じ場所、同じ桜です。
昨日一昨日と雨でしたが今日は晴れました!
ので、これから出かけます。

違い

20070330210544

ロンドンのイベント雑誌を見ていたら…クラシックのコンサート案内がありました。とある一日の案内欄。ヨハネ受難曲のコンサート案内が3件とマタイ受難曲のコンサート案内が1件、マタイ受難曲のレクチャーコンサートの案内が1件、しかも1件のヨハネ受難曲はただで聞ける!なんてこった!!どれかは聴きに行ってみようと思います。日本もこうだったらいいのに…。

アイニクの天気でしたが

20070330210419

今日はレッスンの後、先生とランチ。その後広い広い公園を散歩。2時間は歩いていました。やっぱり、先生もイギリス人、ホントに歩くの好きなのねぇ~。日本の水仙より少し大振りなこちらの水仙。そして、カワイイりすがすぐ近くまで来たりして自然がいっぱいでした。

イギリスの桜

20070328073201

今イギリスに来ています。背景が違うとこんなにも印象が違うので不思議です。今日はお天気がよかったので、レッスンの後お散歩。「イギリス人は歩くのが好き」と聞いたことがあるのですが、私は、その裏を考え足りませんでした。イギリス人の「○○まで、歩けるよ~」は、なかなか手強いです!日本では、駅一つでも歩いてしまう私が言うのですから!体力つけて帰れそう…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。