スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おくりびと

気づきました

今日は1日。  映画の日 

そうだ!テーマ音楽を弾いただけで、まだ見ていない「おくりびと」見よう。

夢を叶えて、オケに就職したのに、そのオケが解散!失業!!

私たちにとっちゃあ、なんとまぁ、リアリティのあるストーリーの始まり方!
それを聞いて、観る気が起こらなかったんだけど、アカデミー賞も取ったことだし、観てみることに。


良かったです。
ほんと。
いっぱい泣けます。

チェロを手放すシーン、

まわりのお客さんは誰一人、まだ泣いていないけど…


泣けます。
ゆっくりゆっくり進むストーリーだけど、とてもいい映画でした。
帰りには、ワンピースを衝動買い!

元気が出た一日でした。
スポンサーサイト

笑えた!

笑えました!!
 ドクター・ドリトル2 
楽しかったです。
そういえば、子供の頃、よく図書館へ通っていた時に、この「ドリトル先生シリーズ」を片っ端から借りて読んでいました。すっかり忘れてた。
動物好きには、お勧めですよ~。

映画といえば、今年、イギリスへレッスン旅行へ行った時のこと。
滞在期間も長くなってきて、少々疲れが…という時に、ホストファミリーのお母さんが、突然「一緒に映画を見に行こう!」と言い出しました。何なのかな~?と思いきや、それは、その数日前、ご飯時に話題にしたMr.Beanの最新公開映画。

私の疲れを感じ取ってくれたんですね!彼女の優しさが、とっても嬉しかったです
もちろん字幕はないけど、もともとセリフの少ない映画。ちゃ~んと、笑えました!
ちなみに、まだ日本では公開されていないみたい。。。プチ自慢~

ま、とにかくコメディ映画も、なかなか元気が出ます。

マリーちゃん

今日は、仕事が早く終わったので、帰りに、どーしてもみたかった映画「マリー・アントワネット」を見に行ってきました。
感想は…、う~ん、個人的には残念でした。
だって、当然、あの耳障りのいいおフランス語と思っていたら英語だし(たまーにpardon!とか言ってたケド)ヴェルサイユ宮殿で、あのくりんくりんのカツラを見ながら、ズンジャカジャカってドラムの音はないでしょう~。映像の楽師たちはバロックヴァイオリン弾いてるのに…。
やっぱり時代考証って(ある程度は)大事だな~と思いました。
「高貴で特別な人」としてではなく、一人の人間としてのアントワネット像で、とても親しみやす~いマリーちゃんでした。そういう目線で見ると、一人の人間が、あの運命に押しつぶされそうになりながらも、絶対に逃げないで強く生きた、「愛すべき性格の持ち主のマリーちゃん」も見えました。深い…。
でも、ピンク×ピンクでケーキにドレスに…女の子色満載でしたが、甘すぎて、イマイチ趣味が…。そっか、だから甘さを効かすには塩も必要なのね、なんてことも考えてしまったり。勝手なこと言っていますが(笑)
それより…前の席に座っていたおばちゃ~ん、右に傾くか左に傾くかどっちかにして欲しかった…おばちゃんが首を動かした回数分、私も逆に動かしました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。